« 9日PR術セミナーでした | メイン | 菊次郎とさき本日は午後9時からTV朝日系で »

高圧ガス容器を運送するときは

s-78930629_1.jpg
高圧ガス容器を運送するときは、「高圧ガス」の標識を掲げかつ、
保安工具、消火器、イエローカードの携行が義務つけられています。
携行なき場合には、罰則も法で決められています。
ガスを使う者としてまた、取り扱う者として社会ルールを守り
安全に使っていきましょう。
必要な携行品は、お近くの高圧ガス販売店でご購入下さい。

コメント

ジュエリーの加工には、バーナーを使用します。
酸素の容量は、どの位(ボンベの大きさ)からですか?
送風のコンプレッサーはどのようなものなのでしょう?
家で、火を使う作業はあまりしなかったのですが、どうしてもの時は簡易バーナーを使用しています。
転居してまいりまして、
先々はいるかなあ?と気になっています。
ガス溶接取り扱いの免許は無論ありますが、その他、条件等あるのでしょうか?
機会がありましたら、いろいろ伺いたいです。

あかりんさんコメントありがとうございます。
酸素容器の高さは、膝位の高さ、腰くらいの高さ、160センチ位のものまであります。お使いになる方の使用頻度で容器の大きさは、決まってきます。また使用頻度が少ない時は、容器の買取をお願いしています。弊社でも、ジュエリー加工のお客様がいらっしゃいますので経験からお話させていただけるかと思います。

カテゴリー